らっきーネットチャンネル

とりあえず気になったことをなんでも書くブログ

Twitterで大批評されているブラック企業『オープンハウス』について調べてみた!!

こんにちは!らっきーと申します!!

 

今の世の中では『大企業でも法令違反などを行うブラック企業が存在する』という何も信用出来ねぇ...状態です。

 

主にそういったブラック企業は『飲食』や『不動産』、『建築』や『介護』...そして『小売』や『運送』と挙げていったらキリが無いのも笑えないです...。

 

むしろ逆にどんな職種ならブラック企業が存在しなくなるのか気になります...。

 

今回はそんな中で、一際有名な扱いをされている『オープンハウス』について書いて行きたいと思います。

 

 

『オープンハウス』とはどんな企業なのか?

株式会社オープンハウス | 新築・中古の一戸建て土地購入なら

 

 

 

皆さんも名前や上に載せている画像は目にしたりしたことはあるでしょう。

 

またCMもバンバン行っており、これによって知名度の獲得に成功しております。

 

CMギャラリー | 企業情報 | オープンハウス

 

↑こんな感じのCM

 

大体分かると思いますが、オープンハウスは『不動産系』の企業でありそのターゲットはわれわれのようなエンドユーザーであります。

 

君のような勘のいいガキは嫌いだよ - o3r - レス画像詳細(画像あり ...

 

ここで勘のいい人なら気がつくのですが、このように『ターゲットをエンドユーザーにする企業』は得てしてブラック企業です()

 

別名『BtoC』と言われており...なぜブラック企業になりやすいかというと『顧客になる為に必要な資格やレベルが低くても良いから』...これにつきます()

 

かなり失礼な言い方になりますが、『お金を稼げない人・お金を持っていない人=常識を持っておらず性格も悪い』というものがあります。

 

もちろん絶対という訳ではありませんが、問題となっているクレーマーが低所得者に多い事実もあるので、BtoCの企業形態は基本的にあまりオススメはできません...。

 

商号 株式会社オープンハウス(Open House Co., Ltd.)
所在地 本社)
〒100-6312 千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング12F(総合受付13階)
Tel.03-6213-0775(代表)

各営業センターの住所・地図はこちら
創業 1997年9月
代表者 代表取締役社長 荒井正昭
資本金 43億1,536万円
株式上場 東京証券取引所 市場第1部(証券コード 3288)
売上高(連結) 2019年9月期 5,403億円
2018年9月期 3,907億円
2017年9月期 3,046億円
2016年9月期 2,472億円
2015年9月期 1,793億円
従業員数(連結) 2,655名(2020年3月末時点)
決算期 9月
事業内容 1.不動産売買の代理・仲介事業
2.新築戸建分譲事業
3.マンション・ディベロップメント事業
4.不動産投資事業
5.不動産金融事業
6.前各号に付帯関連する事業
登録免許番号 宅地建物取引業免許 [国土交通大臣(3)第7349号]
不動産特定共同事業 許可番号 東京都知事 第106号
加盟団体 (公社)首都圏不動産公正取引協議会
(一社)不動産流通経営協会
(一社)全国住宅産業協会
取引金融機関 三菱UFJ銀行・三井住友銀行りそな銀行みずほ銀行横浜銀行三井住友信託銀行

 

↑『オープンハウス』の企業概要

 

ここだけ見ると売り上げも良いですし、資本金もなかなか多く大企業として働きやすそうに見えますが...。

 

広告

 

 

口コミや評判ではどうなのか?

 

休日という概念がありません。一応、火曜日水曜日は休みですが、休めるかどうかは前日の21時くらいにならないと分かりません。有給は親が死んだ時くらいにしか取れません。結婚式や体調不良等では休めません。管理職になると、休みは月2日程度です。働き方改革で労働時間はだいぶ短くなりましたが、それでも1日の労働時間が12時間を切る事はありません。宅建を持っている場合、急な契約に対応する為に、休みの当日に出勤となる場合もあります。家族に使えるお金を大事にする方にはオススメです。家族との時間を大事にする方には辛いと思います。

 

 営業の場合は休日出勤もある。現在は働き方改革でかなり制限されているが、営業で成果がまったく残せていないときなどは休日にも仕事をしないと追いつかなくなる。もちろん、成果が出ているものは無縁の話ではある。 

 

 休日に関しては、メリハリもあるので問題ないが、やはり1日の時間が長い。本社は8時半~20時だったり、営業所は9時半から21時半というイメージ。他の会社と比較すると明らかに長いので、その点は改善すべき点かもしれない。ただ営業センターなどには監視カメラが付いており、時間になるとパソコンが強制シャットダウンされるのでメリハリはついている。パソコンも持ち帰りは禁止。その分残業代が含まれて初任給から30万なので、納得はする。 

 

 

 

とまぁ『長期的な労働時間』や『休日?何それ?』などのブラック労働が横行しているような内容から...

 

 今年に入って長期休暇はGWが増えた。日々の時間は他の会社よりも長い分、長期休暇は他の会社よりも長く、2週間ほどあるので海外に行く社員は多いお客様都合でない限り基本週2休みは確保され、むしろ休日出勤は禁止されている。数年前とは変わった。お客様都合で仕方ない場合は上司が出勤するため、若手は特に休日出勤無し。長期休暇は年末年始、お盆、ゴールデンウィーク。下手に休日出勤がある会社よりもホワイト。ごく稀に週休1日の週もある。 

 

 頑張って結果を出せば稼げる。2年目でそこまで上にいるわけではないが既に年収は800万円のため、会社の恩恵は受けている。基本給は1つ役職があがるごとに5万円~10万円プラスだが、ボーナスでもらえる額が大きい。1年目のボーナスでも半年に一回100万円以上もらう人は多い。何かしらの仕組みで数字は入るような仕組みなので、ボーナスがゼロだという社員は聞いたことがない。つらくてもお金が入った時は頑張った甲斐があったと思える。 

 

 成果を出したら出した分だけ賞与ももらえるし昇格もあるので、完全なる成果主義。その分会社に悪い面は全く感じられず、自分がいかに頑張るかどうか。初任給から30万は冷静に高いし、1年目のボーナスも成果を出せば100万超はざらにいる。初任給が高くてもその後給料が上がらない会社はたくさんあるが、オープンハウスは成果を出せば昇格もできるため、昇格すると固定給も上がる。そのため、インセンティブによる給料だけでないので安定する。 

 

『成果を出せれば給与は大きくなる』、『そこそこ休暇は取れている!』という意見もあり一概には言えません。

 

まぁ今では『働き方改革』とかありますし、大企業として取り組まなければならない風潮も少なからず存在します。

 

しかし...ここだけでは『なぜオープンハウスはブラックと言われるのか?』という理由が見えてきません...。

 

なぜそう言われるようになってしまったのかは、ある事件が関係しています。

 

オープンハウスで行われた『パワハラ

 

www.mynewsjapan.com

 あまり話題に上っていませんが、オープンハウス内で暴力事や恫喝が起こっています。

 

広告

 

 

朝礼も軍隊のよう!?

 

朝から怖いんですけど |秘密結社狼旅団さんのTwitterで話題の画像

 

オープンハウス朝礼2642人参加、急成長6000億円年商を目指す! : 株の ...

f:id:summii99146:20200601000226p:plain

 

ブラック企業を見つけることに定評を持っている『ガイアの夜明け』という番組にオープンハウスが紹介されていました。

 

見ている限り『根性論の押し売り』とか『洗脳教育』に近い感じの朝礼ですねぇ...。

 

Twitterでの反応

 

 

 

 

広告

 

 

まとめ

 

オープンハウスだけでは無く、大抵の不動産系は休みは取れませんしパワハラも横行しているのが現実です。(体育会系という言い訳をしているが)

 

ただ実力や結果を出せれば高給取りになることも出来るため、本当に自分に自信があるならこういった業界に行くことをオススメします。

 

広告