らっきーネットチャンネル

とりあえず気になったことをなんでも書くブログ

『35人採用したけど、2年で全員解雇した!これが私の美談!』と人をゴミ屑のように扱うブラック企業を経営する『勝木せな』!

こんにちは!らっきーと申します!!

 

どんなに世間が許さない!と思っていても、法律やコンプライアンス意識を強化しようとも『ブラック企業』は無くなりません。

 

そもそも世間が言う『ブラック企業』の基準もバラバラで、『法律をちゃんと守っている企業』という人も居れば『きちんと労働者を守る会社』と人それぞれです。

 

もちろん一番良いのは『法律も社員もきちんと守る企業』が素晴らしいですが、現実的にそのような仕事ばかりではなく、重労働な仕事や祝日も出勤する必要がある仕事もどうしても存在します。

 

ただ、社員を壊しても平然としている会社や扱いをぞんざいにする企業はどのような点でも褒められることは絶対にないでしょう。

 

 

問題のツイートと画像

 

 画像

 

 

2年で離職率100%

 

これがどれほど恐ろしいのかこの人は理解しているのでしょうか...?

 

普通に考えてこんな企業を信用できますか?こんなところに就職するぐらいなら、派遣社員やアルバイトで自由に働いた方が全然マシである...。

 

というか35人の人生を全く考えて居ない時点で、人を雇うのはダメだと思います。

 

しかもこの重大なことを『私が変わったきっかけであり、美談だ!』という感じで言えてしまうあたり倫理観が欠如しているのが容易にうかがえます...。

 

その後、自業自得の炎上を受け謝罪はしていますが...。

 

 

これ以前にクズ発言をしていたり周囲の人も同調していたりと信頼はありません()

 

画像

 

 

↑今まで自分が悪いとも思っていなかった発言

 

画像

 

↑『勝木せな』の上司である人の発言

 

広告

 

 

『NXグループ』と『スープレックス(株)』とはどんな企業なのか?

 

名前やプロフィールに出てくるこれらの単語を解説していきます。

 

まず『NXグループ(以後”ネクステージとする)』は、何か事業を行う企業ではなく、いくつか存在する事業をとりまとめた企業です。

 

実際に事業を行うのはその下のグループである子会社やグループ会社が中心です。

 

抱え持っている事業は『広告関係』や『通販』など幅が広く、ベンチャー企業のような形態をしています。

 

ネクステージ株式会社
所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-16-11 高田馬場216ビル7階
役員 代表取締役 丹野直人
専務取締役 片桐直也
設立 2006年8月
資本金 1億3,456万円 ※資本準備金含む
決算期 9月
従業員 100名 (グループ全体) ※平成31年1月現在
TEL 03-4563-2363
MAIL info@c-nextage.com
取引金融機関 みずほ銀行 高田馬場支店
三井住友銀行 新宿西口支店
東日本銀行 高田馬場支店
きらぼし銀行 池袋支店
千葉銀行 新宿支店
北陸銀行 白山支店
所属団体 一般社団法人 日本通販CRM協会
一般財団法人 人財開発推進機構
顧問会計士 税理士法人 TM総合会計事務所
顧問社労士 社会保険労務士法人日本人事
顧問弁護士 弁護士法人赤れんが法律事務所

 

c-nextage.com

スープレックス株式会社とネクステージのわかりやすい関係

 

そして『スープレックス株式会社』の事業内容は、『ウェブ関係』です。

 

g-suplex.com

 

情報量が少なすぎる()

 

とりあえず分かっていることは、『顧客へウェブのシステムを提供している』ことと『マーケティング調査』をしていることぐらいしか分かりません...。

 

会社概要を見ても、『売り上げ』すら書いていませんし『従業員数』も書いていませんし...。

 

会社名 株式会社スープレックス
代表 勝木せな
所在地 東京都新宿区高田馬場2-16-11 216ビル 7階
MAIL info@g-suplex.com
設立 平成23年12月1日
事業内容 Webシステムの企画・開発  サーバーホスティング
取引銀行 みずほ銀行
決算期 11月
資本金 20,000,000円

 

ブラック企業』関連記事↓

 

www.netbeginner.net

www.netbeginner.net

www.netbeginner.net

ツイートに対しての反応

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

 

まとめ

 

企業を運営する上で、『人』というのはとても大事です。

 

ただそのことを世界中の企業が軽視しているのも事実であり、その例として『人件費の削減』などを容易に行います。

 

『人にかかるお金を減らしたいけど、人員が欲しい!』なんて都合が良いし、『私の会社だから、社員をどんな扱いをしてよい!』という自分勝手な考えをしている人にリーダーなんて出来ませんよ...。

 

広告