らっきーネットチャンネル

とりあえず気になったことをなんでも書くブログ

人生を破滅させる『連帯保証人』!!絶対になってはいけない理由を解説!

こんにちは!らっきーと申します!!

 

『連帯保証人になったら借金まみれになってしまった...。』

 

これは冗談では無く、連帯保証人になった時点で確定していることだと思って下さい。

 

もし貴方の友人が軽々しく『お金借りたいから連帯保証人になってくれないかな?』とお願いしてきたら即刻絶縁した方が良いです。

 

その逆に皆さんも親しい人へ『連帯保証人』になるようにお願いしないようにしてください...。

 

 

そもそも『連帯保証人』って何?

 

f:id:summii99146:20200429182357p:plain

 

『保証人』と同じく、借金をしている人(=主債務者)がお金を返済出来なくなったら代わりにお金を返済する義務を負う人のことです。

 

しかし『連帯保証人』にはこれ以外にもこのようなオプションがついています。

 

  • 「催告の抗弁」が不可能
  • 「検索の抗弁」も不可能
  • 「分別の利益」も不可能

 

『催告の抗弁』:借金している人が行方不明や自己破産になったとき、『まずは借金している人に請求してくれ!』と主張することができる権利。

 

『検索の抗弁』:もし借金している人に返済能力があっても返済を拒否した場合、『借金している人は返済能力がある!だからそいつに返済してもらうか、財産を差し押さえてくれ!』と主張できる権利。

 

言い換えると連帯保証人は『借金をしていないのに、借金の返済を請求されやすい状態』であると同時に『借金している人に文句も言えず、ただ責任を負わされている』といった極めて理不尽なものであるのです。

 

 また連帯保証人が複数居ても、基本的に借金は一人一人全額の責任を負う形になっています。

 

例えば『1000万円の借金をしていた人が返済出来ない状態』を仮定するとして、保証人を5人付けて居たとしましょう。

 

普通になら『1000万円÷5人=200万円』が一人あたりの返済金額となります。これを用語では『分別の利益』と言います。

 

ただ連帯保証人にはこの『分別の利益』が適応されません。なので1000万円の借金を背負う形になっているのです。(5人でどのように返済するかは自由ですが...)

 

広告

 

 

『連帯保証人』で人生が破滅する理由

 

2ちゃんねる 人生オワタ タオル | ホビー 通販 - Amazon.co.jp

 

これに関してはほぼ前述していますが...

 

『連帯保証人は他人の借金をそのまま背負っているから』

 

です。

 

これだけ聞くと『少しぐらいの借金なら返せるし、人生の破滅だなんて大げさだよ~』と思うかもしれません...。

 

しかしよく考えて下さい...人が借金する時はどんな時だと思いますか?

 

大抵は『自分の経済力を大幅に超えたものを買ったとき』ですよね。例えば車や家を購入したり、パーティーや飲み会で散財した時です。

 

そもそもちゃんとした資産管理をしている人なら、そうそう借金することは無いですし親友へ借金の保証をしようと考え無いでしょう。

 

また『少額での連帯保証人』も注意です。

 

最初が10万円でも、さらに借金をしたり返済が滞納したことによる金利などで金額が膨らみ、請求されたときは何十倍もの借金になっている...という事例もあります。

 

勘違いしないで欲しいのは、連帯保証人は『最初に借りた借金』を保証するのでは無く、『その借金自体の保証』をするのです。

 

当然借金が膨らめば、その分も返済しなければなりません...。

 

フィクションですが、『カイジ』の主人公もこの『連帯保証人』で地獄を見ていますし...。

 

f:id:summii99146:20200429182643p:plain

 

漫画「カイジ」から学ぶ不当な連帯保証は無効にできるか | アナブレ

 

カイジ」が遭遇した連帯保証人地獄への転落人生! | アナブレ

 

広告

 

 

まとめ

 

これが『連帯保証人』の恐ろしいところ...。

 

突然身に覚えの無い借金が自分に降りかかってくる...しかも合法で!なんていったら理不尽そのものです...。

 

ネットでも『連帯保証人になるな!』と言っていますが、あれは意味も無く言っている訳ではないのです....。

 

皆さんも自分の身を守るために、民法などは知っておいた方が良いでしょう...法律は弱者の味方では無く、知っている人の味方なのですから。

 

広告