らっきーネットチャンネル

とりあえず気になったことをなんでも書くブログ

【悲報】???<『原爆は存在してないし、捏造だ!!』【義務教育の敗北】

こんにちは!らっきーと申します!!

 

近代歴史を学ぶ中で『第二次世界大戦』と『原爆』は避けられませんし、キノコ雲など原爆に関する写真が資料集にでかでかと書かれていましたし...。

 

それ以外にも『原爆』に関して展示会が存在したり、研究している人もかなり居ます。

 

まさかそんなものを捏造だ!!という人が居るなんて...。

 

 

広告

 

 

問題のツイート

 

 

画像

 

まぁ色々ツッコミどころ満載ですね()

 

そもそも第二次世界大戦では空爆』が主な戦略であり、大型戦艦はあまり活かしにくかった経緯があります。

 

普通に考えれば分かりますが...戦闘機と戦艦では機動力に差がありすぎます...。このころから『空母』という物も登場していますし。

 

そもそも『東京大空襲』とかを見たら、『空輸技術』が伸びていることなんて分かるだろうに...。

 

あと『原爆にやられた死体が無い~』と言っていますが、これは当たり前なこと。

 

なぜなら『原爆』の爆発温度は約3000℃と言われており、鉄の融解温度(1500℃あたり)の2倍もあるわけです。

 

https://www.city.urayasu.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/011/722/chapter1.pdf

 

↑引用元

 

遺体を焼く火葬場の温度は法律である程度決められており、その温度は大体800~1200℃であると考えれば...そりゃ遺体も残る訳も無い。(引用で温度が高いと骨が残らないらしい)

 

火葬場には「大気汚染防止法」が適用されませんが、「火葬場から排出されるダイオキシン類削減対策指針」によって有害物質が発生しない温度に規制し、温度は800度以上と定めています。

炉の温度は高すぎると骨が残らず、低すぎると大きな部分の骨が燃え残ってしまうので、骨壺に納めることができなくなってしまいます。

古い火葬炉であれば800~950度ほど、新しいものであれば900~1200度まで高温になります。高温の炉は早く済みますが、形はあまりきれいに残らないようです。

 

https://www.お葬式なら格安葬儀.net/kasouro/

 

↑引用元

 

あと『アメリカ人は民間人を爆殺しない!』と言っているが...既に『東京大空襲』でやらかしているのですが...()

 

とまぁツッコミを入れていたらキリが無いぐらいのものになっています...。

 

ツイートに対しての反応

 

 

 

 

 

とまぁこんな感じで各方面からツッコミを喰らっていました()

 

反応の中で一番以外だったのは、『日本でも原爆を作っていた』というツイートです。

 

 

まぁ...毒ガスとかもドイツが戦時中に作っていたいたし、連合軍がそれをパクった~とかあったからなぁ...。

 

広告

 

 

ツイ主について

 

twitter.com

捨て垢なのは察しなのですが、不思議なのは『中国語のツイートをリツイートしている』という点。

 

本当の中国人なのか...?でも日本語が使えていたし、読めてもいたから少なくても日本語をかなり勉強しているのは変わりない。

 

まぁどのみち凍結されるのは決まっているのだが...。

 

オススメ記事

 

www.netbeginner.net

まとめ

 

まさか『原爆は嘘!』と言う人が居るとは思わなかった...。まさか陰謀論とか簡単に信じるタイプなのか?

 

パッと検索すれば事例なんていくらでもあるのになぁ...。

 

広告