らっきーネットチャンネル

とりあえず気になったことをなんでも書くブログ

『フェミで無いなら差別者だ!』と過激思想で人を差別するツイフェミ本!!

こんにちは!らっきーと申します!!

 

○○で無いなら人では無い!』というのは今でこそ差別と言い切れますが、実は中世や戦時中の日本では平気でまかり通っていました...。

 

戦時中の日本でそのことを『非国民』と表して村八分にしていた...なんてのは日本史を学ぶ中で一回は教わるはずですし...。

 

中世なら宗教がらみで『キリスト教で無い奴は仲間はずれにするぞ!!』と王様でさえ脅せるほどの権威を持っていたり...とにかく『多様性?そんなの知らぬ』というのが当たり前です。

 

もちろん現代でこんなことをすれば間違いなく炎上するし、議員なんかが発言すればメディアの拡散力であっという間にゲームオーバーです。

 

というか『私以外は普通では無い!』という言葉を発せられる時点で義務教育の敗北感はあるのだが...。

 

 

問題のツイート

 

 

事の発端は一冊の本への紹介ツイートから...。

 

『平家にあらずんば人であらず』という言葉が生まれた平安時代からツイフェミは全く変わってません!という堂々としたものに驚かされる...。

 

いつも『知識のアップデート!』とか言っている割には、自分たちは遙か昔の知識しか持っていないというダブスタを噛ましてもいるし()

 

いい加減自分のことを棚に上げるのは辞めて欲しいと思う。

 

ちなみに本の名前は『韓国フェミニズムと私たち』である...。(ツイート主も関わっている)

 

 

広告

 

 

本やツイートに対しての反応

 

 

画像

 

 

 

 

 

 

大半が『過去にあった差別的な行為だ!』という非難をしたり、『なぜフェミを名乗らないといけないのか?』という疑問でした。

 

まぁあくまでも『フェミ』を名乗るのは自発的だし、思想が似通っていても名乗らなくて良い自由がありますし...。

 

ただ『フェミでは無い=差別者』という方程式は絶対に成り立たないのはもはや歴史が証明しているので、これを読むぐらいなら世界史の教科書を読んだ方が全然マシだ。

 

関連コンテンツ↓

 

 

ツイート主は何者か?

 

twitter.com

2006.フリーライター 2008.編プロ取締役兼ライター 2018.独立して再びフリー 『「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。』(タバブックス)

 

 どうやらフリーのライターとして長い間活動しているようです。

 

ちなみに、前述した本にばっちり名前が書いてあります()

 

画像

 

↑『フェミニストであることが一番収まりが良い』という部分に書いてあります。

 

まぁ...ツイート内容と良いツイフェミと大差ないことが理解出来ます。

 

オススメ記事↓

 

www.netbeginner.net

まとめ

 

今回はとんでも無い差別を繰り広げているツイフェミの本についてまとめました。

 

炎上商法でも気取っているのかな?

 

広告