らっきーネットチャンネル

とりあえず気になったことをなんでも書くブログ

『米軍は強いから差別やヘイトスピーチをしても問題ない!』と”いじめ”を容認する『阿部 岳』!!

こんにちは!らっきーと申します!

 

よく一部の人は『この人は強いからどんなことを言っても構わない!』という変な理屈を提言していますが、やってることはただのイジメです...。

 

むしろ『自分達は弱者だからお前達は反撃するな!』と訳の分からない開き直りまでするくせに、自分が批判されると速攻逃げるのですから情けない...。

 

 

問題のツイート

 

 

何回読んでも『強者に対していじめても良い』という理論の根拠が見えてこない...。

 

そもそもアメリカ軍』に所属しているのはただの人であり、その人達に対してヘイトをするのはただの『侮辱』に他ならない...。

 

さらに『ヘイト』に関しても、強者と弱者に違いは存在していないはずなのに....一体この人はなぜ記者が出来ているのか()

 

広告

 

 

ツイートに対しての反応

 

 

 

 

このように『こいつの方こそヘイトスピーチしてるのでは?』という批判

 

 

 

『なら強者のマスコミに所属している奴をいじめても良いのでは?』と皮肉を交えた人も居ました。

 

関連コンテンツ

 

 

『阿部 岳』は何者なのか?

 

twitter.com

 沖縄タイムス記者。東京都出身。著書『ルポ沖縄 国家の暴力-現場記者が見た「高江165日」の真実』(朝日新聞出版)で日隅一雄・情報流通促進賞奨励賞。組織を代表して発言することはありません。

 

前からちょくちょく『記者』だの言っていましたが、本当にマスコミ関係者なのです()

 

だからこそ、マスコミのレベルが心配なのだが....。

 

まとめ

 

今回は『マスコミ関係者がイジメを容認した』という闇をまとめました()

 

有名なマスコミ関係者ってほとんどマイナスな人しか居ないような...?

 

広告