らっきーネットチャンネル

とりあえず気になったことをなんでも書くブログ

『障害』と『差別』を武器にして”ワガママ”を通そうとする事案をご紹介!

 

f:id:summii99146:20190701033951p:plain

 

こんにちは!らっきーと申します。

 

『障害者』に関してのニュースが最近増えており、それに伴い炎上することも結構あります

 

例えば『障害者の雇用』についての問題ですと、『国が割り増ししていた~』とか『賃金が安い』というものがありますし...。

 

まず『障害者』と一口で言っても『身体』か『精神』か『発達』なのかで全然違いますし、出来る部分も異なっています。だから『民間は必ず障害者を雇用するように!!』なんて言われても、難しい部分が出てきたりする訳なのだが...。

 

しかしこういったニュースの裏側にはある”事実”が存在してます...。

 

それは『一部の弱者は社会に対して負担を強いることが出来る強者”』であることです。

 

 

関連記事↓

www.netbeginner.net

www.netbeginner.net

 

学力試験で点数不足を理由に落とすのは差別!!

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

いや、学力不足で落とさなかったらなんの為の試験ですか()

 

しかも定員割れを起こしている学校の試験に落ちるって...。よっぽど学力がないのか...。

 

問題なのはこの人に合格を出してしまうと、『試験の平等性』が失われてしまうからである。

 

あれだけ炎上した『裏口入学』や『女性への強制的な減点』だって、大本の理由は『平等性』が無いからです。

 

障害があるから、女性だから、官僚の息子だから....これがあるだけで普通の人より有利な状態で他の人と戦えるなんて起きてはならないのです!

 

そもそも誰かが『俺は有名大学に行きたかったのに、学力が足りないという理由で落とされた!!差別だーーーー!』なんて言っていたら馬鹿としか思わないだろう。

 

けれどここに『障害者』という肩書きを得ている人間がいると、とたんに新聞に掲載されるようなビッグニュースになってしまうのである。

 

親も親でこんなことしているのをなんとも思っていないのだろうか?

 

名古屋城にエレベーターを!!

 

 ことの発端は『名古屋城の復元作業』という重大プロジェクトから

 

元々『歴史性』を重視する為に『木造』で名古屋城を復元しようとしていたのだが...『エレベーターが無いではないか!!』という理由で”人権団体”が市に苦情を出したことからネット上で大問題になりました。

 

エレベーター反対派の意見は

 

  • ”復元”なのにこういった現代のものをつける意味はあるの?
  •  建物に対しての歴史性を損なわせる
  • これだったら木造の意味が無い

 

まぁ実際に『大阪城』にこんなエレベーターを設置した例があるからなぁ....

 

 

f:id:summii99146:20190701022734p:plain

 

こうなると『城の形をしたランドマーク』という悪い意味で受け止められる可能性もある。(センスの問題もあるけど)

 

実際に世界遺産でも『景観を損ねる』という理由で取り消し勧告を受けたものもあります...。(=危機遺産と呼ばれている)

 

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

対して賛成派の意見は

 

  • 元々の建造物は消失していたから関係ない
  • 見る人を厳選する姿勢は良くない

 

確かに『コロッセオ』などの有名な世界遺産ほとんどバリアフリー化が進んでいます

 

実際に旅行プランでも『障害者向け』のプランがありますし、わざわざ障害者を排除する必要性はありません。

 

この二つの派閥を見た時に、両方とも正しいことを言っているのだ...。(だからこそ論争に繋がったのだが)

 

だがこれを『人権侵害』として苦情を入れるのは過激じゃないか?

 

ここでの問題は『俺たちの苦情は受け入れられて当然』と考えられているところ。市は一度でも彼らを排除なんてしていないし、賛成している市民もいます。

 

それを全部無視した上で、『差別!』と叫ぶと味方してくれる人がいるから実質的には『無敵』なのである。

 

matome.naver.jp

blog.esuteru.com

車いすのまま銭湯に入れないのは差別!!

 

mainichi.jp

↑元記事

blog.esuteru.com

↑事情を知りたい人向け

 

ここで問題なのは『周囲の人を全く考えていないこと』と『衛生面』と『施設に一方的に配慮を求める姿勢』である。

 

まず車いすは人間で言うところのに当たる。つまり土足のまま入浴しようと同じ意味なのである。普通は脱衣所の前で素足になるはずなのだが...。

 

それに床は滑りやすいですし、万が一転んで他の人と接触したらどうなるのだろうか?

 

自分だけなら良いですが、銭湯は不特定多数が来ているので当然不快に思う人もいるでしょう。(でも言ったら差別の名のもとリンチにされる)

 

なので周囲の人と施設の人が強制的に配慮をすることになる。...障害者の方はなーんにも配慮はしていないのにもかかわらずだ。

 

そもそも人間は社会の中で生きるのであれば多かれ少なかれ配慮は必要だ。一応ルールとしては人間は平等であるため、一方的に配慮を強いることは当然あってはならないはずである。

 

また『折り合い~』なんて言っているが、果たしてこの人がどのように配慮するのか?どうせ民間の施設にやるだけやらせるだけだろうに...。(その前に利用者に対しての折り合いもつけていないのだが)

 

まとめ

 

最近は『弱者の為におまえらは我慢するんだ!逆らったら差別でぶっ殺す!』という風潮が広がっているような気がします。

 

ツイフェミもそうだし...こういうビジネスは儲かっているのではないか?勘ぐったりしてしまう。

 

ただ現にこういった風潮にヘイトをためている人もいますし、リアルに違法な反逆をしてしまった人がいます。(有名なのは”植松 聖”という人物)

 

ネットの一部ではこうした反逆を『必要悪』と称えている人もいますし、そのうちまたこういった『必要悪』が引き起こされる可能性があると思うなぁ...。

 

『正義』の関連記事↓

 

www.netbeginner.net

 

www.netbeginner.net