らっきーネットチャンネル

とりあえず気になったことをなんでも書くブログ

Twitterで大論争を巻き起こしている『憲法9条』について調べてみた。

こんにちは!らっきーと申します。

 

憲法改正の意思』が発表されてから、Twitterのみならずリアルの世界でも『デモ』や『集会』という形で様々な意見が飛び交っています。

 

なぜここまで議論になっているのかと言うと...『両方の意見が全く間違ってもないし、正しくもないから』である。

 

もちろん個人的には『改憲』に賛成ですけどね...。

 

 

関連記事↓

 

www.netbeginner.net

 

 

現在の憲法9条とは?

 

この内容はとても簡単なもので、

 

  • 戦力は持たない
  • 戦争はしない
  • 交戦権は捨てる

 

つまりスイスのような『永世中立国』(どんな戦争でも中立の立場)+『戦力無し』にすることがここに書かれているのである。

 

第9条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 

ja.wikipedia.org

↑ウィキから引用

 

一見すると『平和』を掲げているように見えますが、現代の状況と合わせたら問題だらけである()

 

問題点1、自衛隊の存在

 

まず一番の問題は『戦力』である自衛隊』の存在であろう。

 

『おい!戦力を持たないって言ったのに持ってるじゃーん!』とか『戦争はしないんだから自衛隊は必要ないのでは?』昔っから議論されていることですが、日本ではこんな言い訳を用意している

 

『俺たちは”自衛権”を捨ててはいない!!』

 

...まぁ憲法に『自衛権放棄』なんて”書いていない”から通るかもしれない...。

 

しかし他国から『そんなのおまえ達の解釈だろ!どこにも自衛権があるなんて書いていないじゃないか!!』と言われたらどうしようもないのが現実()

 

 憲法9条自衛権を放棄しておらず,〈戦力〉に至らない程度の実力(自衛力・防衛力)の範囲において自衛権の行使が認められており,そのための〈戦力〉を保持することも許容されているとする説が有力となった

 

引用 コトバンク 

https://kotobank.jp/word/%E8%87%AA%E8%A1%9B%E6%A8%A9-71838

 

問題2、交戦権の否定と自衛権

 

日本は苦し紛れだが『自衛権は放棄していない』と宣言した....が同時に『自衛=戦争』となるため9条に掲げられている『交戦権の放棄』もぶち破っているのである。

 

客観的に見ると『戦争しないって言っているのに、自衛ならしてもいいのか!!』という矛盾にまみれたものになっている。

 

これに対しても日本は『自衛権で(ry』とおなじみのフレーズで批判をかわしているが、見ていて苦しい言い訳である()

 

 

問題3、憲法には『自衛権』も『9条を制限する条項』も書いていない

 

要はここまでの話はぜーんぶ『解釈』の話でしかなく、憲法には『自衛権を持つ』ことも『憲法9条を制限する条項』も書いていない。

 

 

いくら言い訳をしたところで『軍隊を持たない』のと『交戦権は認めていない』ことははっきりと書かれているため、他国からこれを指摘されればどうしようもない。

 

それに憲法のどこにも『侵略などの緊急時に9条は意味をなさない』と書かれていないので、『攻められたから~』という言い訳で交戦したら非難される可能性もある。 

 

改憲派の意見

 

 

確かに気になるところではあります。

 

もし他国から攻撃されたらどうするのか?抵抗するとなれば『9条に違反する』のは確定事項ですし、助けを求めると言っても今の国連にそんな力は無い?(もしあったらウイグルウクライナの侵略、北朝鮮の核開発を止めている)

 

...要するに『9条を守る=ずっと殴られ続ける』という答えになるのは当たり前ですし、憲法が国の第一主義である限り例外は許されないのが今の日本です。(法治国家はこれが常識)

 

これに対してこんなことを言っている人もいるが...

 

 

国家VS国家を解決してくれる警察は存在しない()

 

そんなものが存在するなら今頃領土問題なんて存在していないんだから...

 

 

そりゃそうよ...だって憲法9条は『攻撃されない』ものではなく...

 

『自分が他人を攻撃をしない意思表示』

 

に他ならないから。だから簡単に攻撃される...。

 

ゲームでも誰かに攻撃する時に、『自分と同じ実力を持つ者』と『殴っても攻撃されないサンドバッグ』...勝った時の報酬が同じであれば間違いなく後者を攻撃するのと全く同じです。

 

でもこれって日本でも簡単に置き換えられることができて...

 

いじめっ子が弱い奴をいじめる』、『経営者が労働者を違法に労働させる』、『加害者が子供や女性を狙う

 

これらは『無抵抗、及び立場が弱い人を攻撃している現場』であるのです。まだ日本国内では警察や法律がありますが...果たして国際社会でそれに準ずるものが存在しますか

 

ちなみに9条を皮肉っているものとしてこんなポスターがある。

 

f:id:summii99146:20190626020919p:plain

 

今の9条をこれ以上皮肉っているものは無いだろう。

 

反対派の意見

 

 

これに関しては昔から存在しており、日本はこれを回避する為に『9条』を使っていたのは有名である。

 

headlines.yahoo.co.jp

だから9条が無くなれば...こういったことも起こる可能性は絶対にあるし、その結果『大国の下請け』になるもの考えられます。

 

しかしアメリカ、中国、ロシア...この三国に囲まれている状態でスイスのような『永世中立国』は困難を極めるでしょう。(戦前は出来ていたけど...)

 

これで『平和』が作られているのも無視出来ません。(だからといって宝ではないが)

 

まとめ

 

現在でも争論となっているだけあって、かなーり難しい問題です。

 

これだけ内容を書きましたが、まだまだ書き足りない部分もあるのでそちらも後ほど書き足したいと考えております。

 

関連記事↓

 

 

www.netbeginner.net