らっきーネットチャンネル

とりあえず気になったことをなんでも書くブログ

あまりにも理不尽すぎる事柄をご紹介!!

こんにちはらっきーと申します!!

 

この世は当たり前のように『理不尽』が蔓延っており、一昔前には『職場内での暴力』や『飲み会などでの一気飲み』なんかか当たり前だったようです...(今では違法だけど)

 

自分としてはどんどん『理不尽』が無くなってくれると良いと思いますし、同時に不平等なんかもなくなって欲しいです。

 

今回はタイトルにあるように、この世に起きた『理不尽な事柄』について書いていこうと思います。

 

 

会社の法律は俺だ!!

 

このタイトルだけでもかなりヤバいことが分かりますね()

 

 

www.huffingtonpost.jp

↑詳しくはこちらへ

 

 

 

 この人にとっては『会社>日本の法律』なのだろうけど、もしそうなったらどこぞの世紀末になってしまう()

 

てか『法律の庇護』を受け取りながら、『自分は法律なんかに縛られない!!』なんて虫が良い話なんてあるわけないのに...。

介護をしていただけなのに『犯罪者』

 

↓このことを決定付けたのがこちらの判決。

 

headlines.yahoo.co.jp

簡単にまとめると...

 

1、高齢者がおやつにドーナツを食べた。

2、そのドーナツが喉に詰まり、高齢者が亡くなってしまう。

3、裁判で有罪判決が下る。

 

こんな感じである...。この事件(?)を防ぐ方法なんて『介護施設で提供されるご飯を全部流動食にする』ぐらいしか考えられない...。

 

中には『結果的に人が死んだから~』と言っている人もいるが、そんな大切な人を他人に面倒を見させるのは本末転倒であろう。

 

そしてこの事件の一番の問題点として『介護職=犯罪者を生み出しやすい』という構造が生まれてしまったことであろう。介護している人がたとえどんなに善良であろうが、このようにある日『犯罪者』のレッテルが貼られてしまうのだから...。

 

『賠償金=被害者へのお金』を踏み倒す!!

 

これは実際に起きていることであるし、しかもかなりの人が払っていないのが現状なのである。

 

特に『賠償金額が大きい』場合はその分『踏み倒し率』も多いです...。(わずか5%もないとか)

 

mainichi.jp

早い話『加害者による”逃げ得”』が可能であり、しかも比較的簡単であるのです...。

 

しかも『逃げ得』をしやすいように、時効というものまである始末。一応『10年』と長めに設定されていますが、形骸化しているのが現状です。

 

もちろん加害者が賠償金を踏み倒したら、被害者はもう泣き寝入りするしかないのがまた『理不尽』なところである。(そういった補填する制度が存在しないから)

 

今は”マイナンバー”という制度が出来つつあり、こうした『踏み倒し』も減っていくのでは?と考えていますが...果たしてどうなるか...。

 

まとめ

 

一つ見るだけでも『胸糞悪い』と感じさせるような理不尽です()

 

実際に自分も『介護職には絶対に就職しない!』と考えを持つようになりましたし...。(捕まりたくないから)