らっきーネットチャンネル

とりあえず気になったことをなんでも書くブログ

『理想論』で人を地獄へ叩き落す『ブラック介護福祉士』!!

「ブラック社長」の画像検索結果

 

こんにちは!らっきーと申します!

 

『お金持ちになりたい!!』とか『超一流の企業に入ってみんなからチヤホヤされたい!!』などの『理想』を持つのは良い。

 

しかし『理想』を無謀に叶えようとしたり、他人に『自分の理想』を押し付けることをしたら、絶対にその『理想』は破綻します。

 

今回の記事では、『無謀な理想論』を唱えたアカウントをご紹介していこうと思います。

 

 

 

今回ご紹介するアカウント

 

今回の記事でご紹介するアカウントは『Hazuki』さんです。

 

twitter.com

プロフィールを見てみると、『介護福祉士特養』と書かれています。(しかもフロアリーダー)

 

『特養』とは『特別養護老人ホーム』の略で、主に『中~重度の要介護高齢者が身体介護や生活支援を受けて居住する施設』というもの。

 

もちろん入るための条件はそれなりに高く、原則として『要介護3~5』でないと入れません。

 

kaigo.homes.co.jp

↑詳しくはこちらに

 

かなり大変そうではあるが、本人はやりがいを感じている模様。(まさにwin-winの関係)

 

事の発端となったツイート

 

 

...まぁこう出来たらいいのは火を見るよりも明らかなのだが、問題なのは『ただでさえ深刻な状況の介護において、このようなことができるのか?』ということである。

 

今の介護の問題として『人手不足』なのもそうなのですが、『職員に対してのハラスメント』も問題になっています。

 

www.minnanokaigo.com

↑の記事からの引用で

 

サービス利用者やその家族から何らかのハラスメントを受けたことがあると答えた人は、調査対象者全体の74.2%に上っています。

 

とあります。つまり『4人中3人はハラスメントを受けている』というとんでもないことになっています。(だから離職率も高い)

 

しかも胸糞悪いことに事業部の上層部にあたる人達の大半は『ハラスメントを黙殺する』という手段に出ています。

 

つまりまとめると...

 

  • 今の介護事情は『ブラック』の一言
  • それでいて『人手不足』であり『顧客側のハラスメント』も起きている
  • 職員の立場は低く、ハラスメントから身を守る手段はほとんど存在しない!

 

ということです。そしてこの人はさらに『職員は患者の話をよく聞き、困った時には手を差し伸べよう!!』だなんて無理難題を押し付けようとしている!!

 

現実的にそんなことは不可能に近い...。ただでさえTwitterでも『認知症の患者から暴力を食らった』という話が流れ込むレベルなのに、『会話』なんて果たしてできるのだろうか...?職員には『抵抗』すらできないのに!!

 

 

 

↑嘘だと信じたい話

 

 

 その他の『矛盾点』や『ブラックな点』など

 

他にはこのツイートもある。

 

 

お前は『モチベーションアップ株式会社』の社員なのか?

 

「モチベーションアップ株式会社 壁紙」の画像検索結果

 

と言いたくなるようなツイートですね!!これは!!

 

どんなに頑張ったところで1人で出来ることは限られているし、職員自体の数も限られている。

 

だから自ずと『限界』は見えてくるのだが、この人は『今の人数でも患者のために頑張れよ!!』と同時に『こんな緩いことしかできないなんて情けない!!』なんて言っています。

 

お前は何様なんだよ!!

 

傍から見るとこう言いたくなります。

 

そもそもこれを言い換えるとこうゆうことだと思うのだが...?

 

 

ワタミ社長「無理』というのはですね、嘘吐きの言葉なんです。
 途中で止めてしまうから無理になるんですよ


村上龍「?」

ワタミ「途中で止めるから無理になるんです。
    途中で止めなければ無理じゃ無くなります」
村上「いやいやいや、順序としては『無理だから→途中で止めてしまう』んですよね?」

ワタミ「いえ、途中で止めてしまうから無理になるんです」
村上「?」

ワタミ「止めさせないんです。鼻血を出そうがブッ倒れようが、 とにかく一週間全力でやらせる」
村上「一週間」

ワタミ「そうすればその人はもう無理とは口が裂けても言えないでしょう」
村上「・・・んん??」

ワタミ無理じゃなかったって事です。実際に一週間もやったのだから。
    『無理』という言葉は嘘だった
村上「いや、一週間やったんじゃなくやらせたって事でしょ。鼻血が出ても倒れても」

ワタミ「しかし現実としてやったのですから無理じゃなかった。
    その後はもう『無理』なんて言葉は言わせません」
村上「それこそ僕には無理だなあ」

 

 

 

matome.naver.jp

上記の言葉はあのブラック企業で有名になった『和民』の社長の言葉です。

 

どちらも『無理!』と絶対に言わせないような雰囲気を醸し出していますね!!

 

さらにこの人は話題になったツイートでこんなことを言ってましたが...

 

 

私が↓のように意見をすると

 

 

なんとブロックしてきました()

 

 

↑その時の私(厳密には『話を聞いてほしい』ですが...)

 

つまりこいつは『自分の話は聞いてほしいけど、他人の話なんて聞きたくないよ!!』という『わがまま野郎』ということです。

 

まとめ

 

この件に関しては私以外にも追及している人が居ます。

 

 

まさにこの通りだ!!と思ったのですが、まさかの反論が出てきました...。

 

それがこちら↓

 

 

『現実的な意見をしただけ』で介護には向いてない!!と言う始末...。こんな『お花畑な経営者』が存在しているなんて日本は平和だなぁ...。しかも職員に『全否定』するなんてとんだパワハラ経営者だな!!

 

改めて『日本からブラック企業が消えない理由』がわかった私です...。ではまた次回に!!

 

www.netbeginner.net

↑オススメです!!