らっきーネットチャンネル

とりあえず気になったことをなんでも書くブログ

ツイート無断転載禁止!!は半分無意味である。

こんにちは!らっきーと申します。

 

『無断転載』『著作権』。ネットを使っているとこの言葉は嫌というほど聞きますよね...。動画にしてもイラストにしても、大体一ヶ月に一回はこうしたことが起こっていると思います。

 

そもそも基準があいまいであったりするので、悪意がなくてもいつの間にか『無断転載』をしていたり...なんてこともあるようです。それと著作権は『親告制』なので、もしある人が『これ無断転載じゃないか?』と言われたら、まずは落ち着いて話合いをするのが大事です。(ブロックとかはアカン)

 

そうした中、Twitterで小規模ですが『ツイート無断転載禁止』の取り組みが行われているのを知ってますか?

 

主に『まとめサイト』などの対策にこのような対策をしているらしいのですが...実はこんなことをしても結構無意味ですよ!!!

 

なぜなのかをこれから説明していこうと思います。

 

 

 

Twitter社の規約

 ツイートの引用についてTwitter社はこのように述べています。

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。

https://twitter.com/tos?lang=ja

 

かなり長くなりましたが、簡単にまとめると

 

  • ツイートは基本的に引用とかしていいよ!!
  • ただ引用する時はTwitterの機能を使ってね!!

 

ということです。ただ『スクショ』に関してはかなり黒なので、できるだけTwitter公認の『埋め込みツイート』。またはツイートを保存している『魚拓』のものを乗せるといいと思います。

 

しかし『埋め込みツイート』は本人が消してしまった場合や凍結した場合は見ることが出来ないという重大な欠点を抱えています。(要は都合の悪いツイートが消えたらそれまで)

 

それに対して『魚拓』はそのまま残るので、証拠としてはかなり強いでしょう。

結論

 もしまとめサイトが『埋め込みツイート』でそのツイートなどを載せていた場合は、規約を守っているために、『無断転載しているから削除!!』といっても相手側はそれを消す必要はありません。

 

逆に『スクショだけ』の場合はこちらにも勝機があるのです。

 

まとめ

 

まさか規約にこんなことが書かれているとは思ってなかった...。明日からどんどん記事をリライトしていかないと...。

 

それとスクショって案外簡単に加工できるんですね~...知らなかった...。

 

でも『埋め込みツイート』は簡単に消すことが出来るっていう欠点がきつい...。炎上してもパッとツイートを消せば無かったことにできるのが卑怯だ。

 

だからこそ『魚拓』などの『信用できて不動の証拠』が欲しい...!!と思っている私であったり...。