らっきーネットチャンネル

とりあえず気になったことをなんでも書くブログ

ネットで話題になったクソゲーをご紹介!!『part2』

こんにちは!らっきーと申します!!

 

そろそろクリスマス!!!どこのお店も書き入れ時です!!そして...クソゲープレイヤーの暗黙の了解として

 

年末には魔物が潜んでいる!!

 

という方式が存在します。事実として伝説のクソゲーとして表彰されている一部年末に発売されてます

 

そんなわけで今回はそんな『年末の魔物』と呼ばれたクソゲーをご紹介していきたいと思います。

 

あと前回のpartを置いておきます。良かったら見てください!

www.netbeginner.net

 

 

 

仮面ライダーサモンライド!!

 

f:id:summii99146:20181209152606p:plain

 

...なんか見た感じは『かっこいいゲーム』という印象を受けます。それにオープニングやPVを見ても『クソゲー』という香りがして来ません...。

 

それとこのゲームは『フィギィア』とそのキャラに対応した『チップ』、そして一番の特徴である『ライドゲート』が存在する。(ソフトと同封されているのは3体のみ)

 

おそらく任天堂の『アミーボ』みたいなのを目指していたのだろう。アイデアは悪くないが...。

 

「サモンライド ライドゲート」の画像検索結果

 

www.youtube.com

 

まずこの『サモンライド』がどんなゲームかを説明しよう。

 

あらすじ

  • 戦いに敗れた『怪人』や『ライダー』たちの魂が集まる『クリスタルワールド』が存在していた。ある日そこへ怪人『ギガスタル』が登場しクリスタルワールドは滅亡の危機にさらされていた。
  • そんな中、異世界からやってきた仮面ライダークリスタルワールドを救うべく、怪人を討伐するお話。

 

 うーむ...設定としても特に破綻している様子はない...。なんか今流行りのライトノベルに出てきそうな設定だが、『仮面ライダー』という子供向けの題材にはマッチしているだろう。(ダクソみたいな設定だと子供泣きそうだし...。)

 

 

登場人物

  • トレイナ

クリスタルワールドの住人で、『水の世界』の女王。なんと実年齢は1990歳である!(これでも種族の中では若いほうらしい...。)名前の由来は『トレイナー』からだろう。

 

ゲーム内ではライダー達のスキル育成を行っている。あとキャラデザは結構可愛い。

 

f:id:summii99146:20181210231114p:plain

 

  • メモル

こちらもクリスタルワールドの住人で、『風の世界』の妖精。かなりおしゃべりであり、プレイ中にも話しかけてくるので結構うっとうしい

 

 ゲーム内の役割は主に司会進行役を務める。名前の由来はおそらく『メモを取る→メモル』かと思われる。

 

f:id:summii99146:20181210232725p:plain

 

 

  • ミヌーク

彼もクリスタルワールドの住人で、『火の世界』の霊長。『ワシではなくフクロウだほ~。』とゲーム内で強調してくる。めっちゃ口調が腹立つなこいつ

 

ゲーム内の役割は『アイテム鑑定』なのだが、鑑定アイテムが協力プレイでのクリア報酬なのでソロプレイだと意味がない...。名前の由来は『見抜く』だと思われる。

 

クリスタルワールドの住人と敵対している存在だが、この人がいなければ物語が進まない。(理由は後程)

 

大体こんなものであるが、どうみても手遅れである。

 

こんな町内会未満の人数(3人)で『クリスタルワールド』をどうやって救えるのか?せめてモブキャラでもいいから、合計20人ぐらいは居た方がよいのでは?

 

なお今作の『仮面ライダー』は一言もストーリー上で話さない。あるのは戦闘時の叫び声程度...これでも主人公なんだぜ?扱い雑過ぎない?

 

なぜクソゲーになってしまったのか?

 

先ほどからちょくちょく『クソゲー』としての香りが漂ってきてますが、ここからさらに掘り進めるとしましょう。

 

充実したオプション(皮肉)

 

なんとこのゲームのオプションは3種類しかない。

 

『音量設定』 『操作確認』 そして『フィギィアの初期化』

 

...流石に少ない。せめて『難易度選択』や『操作変更』、『メッセージスピードの調節』ぐらいはどうにかならなかったのか...。

 

ダークソウルもびっくりの難しさ!

実際このゲームはかなり難しい...。というのも『敵が画面外から攻撃する』といった理不尽なものから『単に敵の火力が強すぎる』というバランス崩壊のものまでたくさんあるからです。具体的に言うと雑魚の攻撃で30%~50%ほど削られる。

 

しかも一部の敵は『画面外』から攻撃してくるために、初見でのクリアはかなり難しくなってる。

 

それにここまでの理不尽な難易度に対し、なんと回復アイテムがほとんど存在しないのである。一応回復できるギミックやチップは存在するが、前者は場所が限定されていて後者は回復量も数も少ない。

 

仮面ライダー』という子供向けの題材でこれは酷だろう。まだ大人向けならよかったものの...。

 

 露骨な集金体制

 まずこのゲームをプレイするにはソフトの他に『フィギィア』と『チップ』が必要だ。しかしこのゲームに同封してるフィギィアは3個で、チップは4個しかない。言い換えると『残機が3個』しかないのだ。あの高難易度のも関わらずである...。(このゲームに『蘇生』などの措置はもちろん存在しない)

 

それなのに、『属性』だけでも5種類ある。しかもその属性のライダーでないと通れない門の先にレアアイテムが落ちていたりするし、Sランクを取るためにはそこの門を通らなければならなかったりする。何考えてるんだ。

 

さらにその門の亜種として『特定のライダーでないと通れない門』も存在しており、特定のライダーでないとスキップ不可の販促ムービーが流れる。(約30秒とかなり長い)

 

余談であるが、このゲームは定価8550円のものである。有料でこの始末はもはや詐欺のレベルであろう。

 

 

データ損傷の頻度が高い

 

これはどうゆうことかというと、ゲームをプレイするために前述した『ライドゲート』に『フィギィア』を乗せるのだが....ゲートからフィギィアを動かすとフィギィアに内蔵されているデータが損傷するのだ。

 

追い打ちをかけるようにこのゲームは『データ復旧』なんてものはないから、初期化をするしかない。一応ゲームの進行データは別に保存されているが、結局は序盤から鍛え直す羽目になる。

 

それとこの『データ損傷』は後のアップデートでかなり改善した。

 

その他

ここまでいろいろ書いてきましたが、細かいところまで突き詰めていくとまだまだあります。

 

  • セーブやロードがやたら長い
  • フィギィアの出来があまりにも悪く、一部のフィギィアは原作ではありえないポーズになっている。
  • 原作では味方になっていたライダーが突然増殖して襲い掛かってくる
  • フリーズや処理落ちがかなりの頻度である。
  • ライドゲートの感度がとても悪く、フィギィアやチップを乗せているのになかなか反映されない。

 

 

などど言ったことがある。

 

まとめ

 かなーり長くなりました...。しかしこのゲームの欠点魅力をこれでもかと詰め込んでみました!

 

また次回もよろしくお願いします。あとその他の記事も読んでみてください。

 

www.netbeginner.net

www.netbeginner.net